ちはろぐ: 日別日記 2013年12月 1日

« 2013年11月30日 | ちはろぐ | 2013年12月 2日 »
2013年12月

初めて「ちはろぐ」を閲覧するかたは「「ちはろぐ」について」に目を通してから本文をどうぞ。
※異常なWeb閲覧設定の環境では文字色やサイズやレイアウトが正常に表示されなかったり、画像が表示されないことがあります。
検索エンジンから辿り着いて話題が見つからないかたは、右上の「「ちはろぐ」内の検索」を使ってみて下さい。

 はてなブックマークはてなブックマークでの詳細 はてなブックマークへ追加

2013年12月 1日(日)

ゲーム時の『ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復』への対症療法見つかる!?(ファイナルファンタジー14など)

エントリーID:2982 [ 周辺機器(パーツ) ] ネットゲーム / パソコン->周辺機器(パーツ) | こめんと(0)
Tag:[,,,]

結論を先に書くよー。
以下で触れてる設定は個人的に試したところ、エラーが出る瞬間の停止時間が長くなるもしくは、エラーさえ出ずブルースクリーンになるので、設定を弄るのはやめといたほうが良いです。
環境依存なので、環境によっては改善する可能性もないではないけど。
パソコンのハードウェア全体(ビデオカードやメモリーなども要因になる)、ドライバソフトウェア、監視ソフト(色々ある)など色々が組み合わさって出るので。
以上。


3Dゲーム(新生FF14やPSO2などのネットゲームを含む)をプレイしているときに発生することが多い「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復 ディスプレイ ドライバー (メーカー名) driver が応答を停止しましたが、正常に回復しました」は偶然直ったりする不治の病と思われてたけど、対症療法的な対策が見つかったもよう(Web検索したところ結構出てくるのでそれなりに見つけている人は居る感じ)
メーカー名にはNVIDIAやAMDが入る模様(AMDは下の画像のように確認済み)


うちの環境では、現在使用しているビデオカードであるAMD Radeon R7 260XのOCモデルで特定のドライバをインストールして指示通りにOS再起動をするだけで出たりするんだけど……(というか現時点での対応最新βドライバ全て。そして対応ドライバがβドライバしかないという。ビデオカード製品メーカーのドライバ配布ページにはAMDが公開していないWHQLドライバがあってそれならエラーと通知が出ないけど)

ちなみにこのエラーというか通知が出た後は、OSを再起動しないと3D描画の速度がアホみたいに遅いままになります。
フルスクリーンで3D表示をしているときには、ブラックアウトした後に元に戻るだけで通知が見えないらしいので何が起きているのか判らないという……

フルスクリーン3D表示をしていない状態では、通知領域にこんな表示がでるます(ATI/AMDの場合)

いろんなとこに使いまわして公開してる画像なんでよく見かけるかもしれないけども、この壁紙とタスクバーの色の組み合わせだとたぶん全部うちが公開した画像……(Windows 8.1/8の画像)


詳細は続き。


たしかレジストリを弄ればどうにかなるというのをどっかで見てたので(多分マイクロソフトで……)、そろそろ探そうかと思ってたけどどう探すか考えてたところ偶然にもツイッターで関連URLが!!ありがた(そのURLからさらにリンクを掘ったけど)

マイクロソフトのMSDNの情報(Vista SP1時代ので更新はされていない)
日本語:WDDM によるタイムアウトの検出と GPU の回復
英文:Timeout Detection and Recovery of GPUs through WDDM
訳文がアレなせいか英文のほうが設定が判りやすい謎……

レジストリキーの HKLM\System\CurrentControlSet\Control\GraphicsDriversHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers でWeb検索すると結構情報が見つかるけども、ある程度がCUDA(NVIDIAのGPUコンピューティング関連)という……ビデオカードで演算をしてると、表示反応が遅くなるからこのエラーが出やすくなるらしく。


関連するレジストリに追加できる設定は以下。細かい詳細は省略。

TdrLevel: REG_DWORD
TdrDelay: REG_DWORD
TdrDdiDelay: REG_DWORD
TdrTestMode: REG_DWORD(内部テスト用で未使用)
TdrDebugMode: REG_DWORD
TdrLimitTime: REG_DWORD
TdrLimitCount: REG_DWORD

重要なキーは TdrLevelTdrDebugMode な気がする。
TdrDelay は省略時2で指定は秒単位なんだけど、これだけを設定すると症状発生時の操作不能時間が延びるだけで……16秒(0x10)とか24秒(0x18)に設定すると砂時計カーソル(Vista以降丸マーク回転)が回ってる時間が長くなるだけでちた。怖かった……
TdrDebugMode の省略時2を3に設定しても発生。

現在は TdrLevel の省略時3(タイムアウト時に回復)を0(タイムアウト無視)に設定して様子を見ている状態。←この設定を行うと設定前にエラー発生及び通知が行われていたタイミングで、システム全体がフリーズすることが判明。

TdrLimitTimeTdrLimitCount は設定値がよく判らないというか効能も不明なので弄らずに様子見ちゅう。

まだいろいろ試行錯誤ちゅう。
問題は設定次第では設定前にエラー発生及び通知が出ていたタイミングで一時的な長時間硬直(マウスカーソルは反応するが待ち状態表示で何もできない)や、完全にフリーズ(マウスカーソルは動かない)が発生するので覚悟の上で設定を弄るしかない……
関連レジストリを弄るつもりの人は危険性を理解の上で弄ってほしいところ。


で、発生するときには3Dゲームに関係なく、デスクトップでWebブラウザを大量スクロールさせてたり、日本語変換時の候補表示が出るときなどのビデオドライバーの反応が鈍った時に通知がでたりするので注意。

この話題だけを読む/Permlink |2013年12月 1日(日)| [ 周辺機器(パーツ) ] ネットゲーム / パソコン周辺機器(パーツ) | こめんと(0) | はてなブックマークでの詳細 はてなブックマークへ追加

2013年12月
« 2013年11月30日 | ちはろぐ | 2013年12月 2日 »

当日記/ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
PlayOnline関連画像の権利:Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.