ちはろぐ: アップグレード版のインストール時の動作など(ウィンドゥズ8)

[次の話題]» Windows 8 Pro 発売記念優待版は今日まで!!(ウィンドゥズ8) (1月31日)
[前の話題]« ヒルベルト・シリーズと不信感(ファンタシースターオンライン2) (1月29日)
[同じ月]2013年01月
[ ちはろぐ ]

2013年1月29日(火)(この日の分を読む)

アップグレード版のインストール時の動作など(ウィンドゥズ8)

エントリーID:2610 [ パソコン ] パソコン | こめんと(0)
Tag:[]

« 直前のページへ戻る

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)の購入期限も近いのでそれが終わったら、Windows8へのアップグレードを試む人も減ってくるのかな……
ということでこれまでにうちが自分で試したことと、Web上で目に入った情報をまとめてメモ。


検索が多いので最初に書いとくよ。
アップグレード対象の元OS(Windows XP/Windows Vista/Windows 7)とアップグレードしたWindows8の共存(マルチブート/デュアルブート)や、アップグレード元OSを他に流用することはライセンス違反になるので控えましょうね。アップグレードを執行した時点で元OSのライセンス(プロダクトキー)は失効します。
ライセンス違反せずに共存などを行う場合はアップグレード版ではなく、単独のライセンスになるWindows8/8ProのDSP版を使用しましょうね。DSP版も販売価格がかなり下がっているので懐にもそんなに影響も出ないかと……無印の8は多少の機能制限がありたまに引っかかることがあるので、8Proをお勧め。
Microsoft Windows 8 Pro(DSP版)64bit 日本語(新規インストール用)
Microsoft Windows 8 Pro(DSP版)32bit 日本語(新規インストール用)
Microsoft Windows 8(DSP版)64bit 日本語(新規インストール用)
Microsoft Windows 8(DSP版)32bit 日本語(新規インストール用)


マルチブートを構成する方法というか失敗しないための方法。

先に発売時期が古いOSをインストールして、その後に発売時期が新しいOSをインストールする。これはブート情報を書き換える時に古いOSのインストーラーが新しいOSを認識できず上書きしてしまい新しいOSが起動できなくなるため。
古いOSを後からインストールしてしまい新しいOSが起動できなくなった場合には、新しいOSのインストーラーを起動して起動情報の修復などを行えば回復できることもあり。


マルチブートを解除するには。

アンインストールと思っている人も多いけど起動情報の書き換えです。Vista以降のOSの場合はブート情報であるBCDを編集する必要があります。
手順などは@ITの以下の記事などを参考にどうぞ。BCDを編集するツールもいくつかあるようです。
bcdeditでVista/Windows Server 2008のブートOSメニューを変更する- @IT
bcdeditでブート構成情報をバックアップ/リストアする - @IT
bcdeditでブート・メニューの項目を追加する - @IT
bcdeditでブート・メニューの表示順序やデフォルトを変更する - @IT
bcdeditでUEFIのブート・エントリの名前を変更する - @IT
bcdeditコマンドでブート・シーケンスを一時的に変更する - @IT


とりあえず続きに。


Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)のご購入はお早めに。買い置き放置可。2月からはアップグレード版は凄い価格になるので、2月以降にWindows8を買うならちょっと高めのDSP版ということになるよ。細かいことに困ったりするので無印よりPro推奨。

 

« 直前のページへ戻る

Windows8アップグレード版のインストール時の動作やら色々な手順とか。


アップグレード対象の旧OSの検索。

アップグレード対象になる古いOS及びWindows8を探してインストール対象になるか確認してるけどブート情報から探しているので、インストール時に新規(さら?)のHDD/SSDにインストールするためにHDD/SSDを以前と違う状態に交換していたり、BIOS/UEFIでHDD/SSDなどのストレージの起動順を以前と入れ替えていると対象OSを見つけきれません(インストール後にプロタクトIDが利用不可の表示になる)
この状態になった場合はアップグレード対象であることを自分で良く確認してから、そのまま再度インストールを行うこと(Windows.oldフォルダが作られるので必要が無いことを確認できたら、ディスククリーンアップでさらに良く確認して削除する。Win+W→クリーンを入力→不要なファイルの削除よるディスク領域の解放→システムファイルのクリーンアップ→以前のWindowsのインストールにチェック)。アップグレード対象の旧OSは自分でHDD/SSDから削除しましょう。
これらはアップグレード版でクリーンインストールを行うための操作だったりも……


パーテーションを確保していないHDD/SSDにインストールすると……

先頭に「システムで予約済み」という名前の小さいパーティションが作成されます。これを作られたくない場合にはインストール作業前にHDD/SSDを接続してディスクの管理でパーテーションを確保してからインストールを開始しましょう。Windows8のインストーラーからコマンドプロンプトを起動してdiskpartで確保する方法もあり。
これはドライブを暗号化するBitLockerを使用する際に、起動するためのファイルを保存している起動パーテーションとのこと。
作られてしまっている場合はアキラメロ……探せば削除する方法もあるけど(パーテーション管理ツールなどを併用)
でもブートパーテーションを持っておくと後々便利ではあるので、残しておくのもありかも。


インストール時にはマイクロソフトアカウントは使用しない。

アカウント名に全角文字が含まれているとユーザーフォルダとして全角が含まれるフォルダが作成され、後で色々なソフトの動作に支障が出ることがあるので注意。
ローカルアカウントでのインストールを選びさらに半角英数のアカウント名でのインストールを行い、後でマイクロソフトアカウントと紐づけすればOK。


ダウンロード版の情報。


USBメモリーを作成する場合に必要な容量。
32ビット版/64ビット版共にISOイメージ時で約3GBあるので最低4GBのUSBメモリー。4GBにしておけば無駄が無いかと。


WindowsXPでダウンロード版を購入すると、メディアを作成してインストールが表示されない。

これはXPが標準ではISOファイルの書き込み機能を持たないため。
文書番号:2780338 Windows XP ユーザーは Windows 8 メディア用の ISO をダウンロードして DVD または USB ドライブに書き込むことができない(マイクロソフトサポート情報)
これは無事にWindows8をインストールした後に購入時のメールからのリンクでダウンロードできる Windows8-Setup.exe で再度ダウンロード処理を行えばUSBメモリーの作成やDVDの作成(というよりISOファイルの保存)が可能。
他にはWindows のご注文概要のサイトで購入時に入力した情報を入力して、バックアップメディアを購入する方法もあり(有料)。バックアップメディアを買うなんてダウンロードの意味ないじゃーん……


ダウンロード版ではダウンロード時の使用OSのビット数で、ダウンロードされるアップグレード版のビット数が固定される。

これもまた面倒な仕様で。上の文書番号:2780338では必要とするビット数と同じビット数で動作している他の環境でダウンロードして持って来いとのお答えです。やはりバックアップメディアの購入もあり。
他には一度Windows 8 Enterprise 評価版(90日使用可能)の必要なビット数のものをダウンロードしてインストールし、そこからアップグレード版をダウンロードするという荒業も……うちはほぼこの方法で32ビット版のダウンロードファイルを入手。優待アップグレード版も持ってるので別にダウンロードする必要はないけどファイルが欲しかったので。

Windows8(基本的にPro)の購入前にWindows 8 Enterprise 評価版で動作確認を行うのはアリなので検討をどうぞ。
うちもPSO2の動作確認をしてからアップグレード版購入を決めたので。注意としてEnterprise評価版はProより機能が多いので、Proを購入しても評価版ではあった機能が無い場合があります。


こんなところかな?あとはXPからのメールやアドレス帳の移行方法とかもあるけど……
文書番号:2771458 Outlook Express (OE) のメール データを、別の Windows 8 の Windows Live メールへ移行する方法
文書番号:2771456 Windows 8 PC の Windows Live メールへメール データを移行する方法
のサポート情報で済むかと。お気に入り(ブックマーク)とかも自力で移動すべし……

この話題のりんく/Permlink |2013年1月29日(火)| [ パソコン ] パソコン | こめんと(0) | はてなブックマークでの詳細 はてなブックマークへ追加

« 直前のページへ戻る

[次の話題]» Windows 8 Pro 発売記念優待版は今日まで!!(ウィンドゥズ8) (1月31日)
[前の話題]« ヒルベルト・シリーズと不信感(ファンタシースターオンライン2) (1月29日)
[同じ月]2013年01月
[ ちはろぐ ]

当日記/ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
PlayOnline関連画像の権利:Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

この話題アップグレード版のインストール時の動作など(ウィンドゥズ8)のURL:

この話題へのこめんと一覧(0件)

こめんと

気軽に感想とかどおぞ。





もし参考になった時や間違えたことを書いていた時には足跡を残して貰えると喜ぶよ。技術的質問などは答えられないけどね(どうしてもという方はどうぞ。質問したら時間を開けて返事も見に来てね。返事を貰うのを急いだらダメだよ。画像/データファイルを提供をする場合はデータ提供のしかたを参照してね)
こめんとの前に「ちはろぐについて」やその中の「セキュリティ/プライバシーポリシーなど」も確認してね。こめんと内容の権利はちはろぐに帰属し、再利用されることがありますです。
投稿したこめんとは即時反映だけど自動で公開保留になることもあるよ。その場合は運営者の確認と公開まで待ってね(公開しない場合もあるよ)
※運営者が投稿を後悔している話題へのコメントは読まないことがあります。ごめんなさい。

RSSリーダーとかを使っている場合は、最新コメントが判るフィード(ATOM)も提供してるから使ってみてね。

サインインしてこめんとしたほうがこめんと内容の信憑性があがるかも?
批判や批評の域を超えた誹謗中傷のこめんと及び、承認して公開すると運営者もしくは各個人/各会社に不都合がある内容は承認せずに削除することや、承認した場合でも後日に削除されることがあるよ。承認しない理由及び削除の理由は開示しないよ。

※こめんと保存時に回線情報の一部などが保存されるよ。

« 直前のページへ戻る

[次の話題]» Windows 8 Pro 発売記念優待版は今日まで!!(ウィンドゥズ8) (1月31日)
[前の話題]« ヒルベルト・シリーズと不信感(ファンタシースターオンライン2) (1月29日)
[同じ月]2013年01月
[ ちはろぐ ]